ENGLISH COMPANYでは、
英語のパーソナルトレーナーを募集しています。

幼少期から英語や手話などに触れ、言語に強い興味をもつ。東京外大時代には(財)語学教育研究所に所属する第一線の英語指導者に師事。英語教育について専門的に学ぶ。英語の他、ラオス語や日本手話を得意とする。

幼少期から英語や手話などに触れ、言語に強い興味をもつ。東京外大時代には(財)語学教育研究所に所属する第一線の英語指導者に師事。英語教育について専門的に学ぶ。英語の他、ラオス語や日本手話を得意とする。

外大で学んだことを活かして

小学生の頃から英語の先生になりたくて、中学生の頃には「自分が先生ならこんな風に教えたいな」など、授業を受けながら想像をしていました。

大学は外大に進んだのですが、そこで先進的な教え方を学ぶことができたのです。大学の外でも、英語の教授法を学びました。
外国語を教える方法はこんなに進んでいるのだな、科学的な方法があるんだな、ということを知ることができたのは私にとっては驚きでもあったし、とてもわくわくすることでもありました。でも、やっぱりそれを実際の教育現場に落とし込んでいくのは、長い時間がかかることだろうなとも思っていたんです。

大学卒業後、一度学校に教員として就職したのですが、そこではやはり学んだことをそのまま活かしていくのは難しいことでした。入試問題の傾向もあるし、文科省の基準もあるし、「これまでのやり方」というものもありましたから。

いま、ENGLISH COMPANYでは第二言語習得研究の知見をベースにした先進的な手法を存分に使って英語の力を伸ばすためのお仕事ができています。小さいときからしたかったことが出来ている気がして、とても充実しています。

第一線で働くビジネスパーソンに刺激を受ける日々

有楽町スタジオで勤務しているのですが、場所柄なのか、日々日本の中枢で働いている若手のビジネスパーソンや、これから一旗揚げようという向上心のある方が多く、その方たちとのトレーニングにいつも刺激を受けています。年齢が近い方も少なくないのですが、学校時代とはうける刺激の種類が変わりましたね。

そもそも、社会人で英語をこれから身につけようという方は、さらに自分を高めていこうという気持ちにあふれる方が少なくありません。男女問わず、そういう方ってやっぱりかっこいいですよね。トレーニングをしたりLINEやメールでサポートをしていく中で、私自身もがんばれているというところがあります。

余裕をもって働くということ

転職していちばん変わったのは、仕事の成果の出し方に対する考え方です。以前はとにかくいっぱい仕事をする、そのことで成果をだすという感覚だったのですが、いまは成果を出すためには直接的に仕事をすること以外の時間が、仕事そのものの時間と同じくらいたいせつだ、と感じるようになりました。

いまは残業や休日出勤がないので、時間的に余裕があります。そのことで、はやりのファッションや人、うたなどにもとても敏感になりました。その他にも、ずっと会っていなかった友達に会いに行ったり、きちんと自炊をしたり、雑誌や本をたくさん読んだり、少し早起きして公園や図書館にでかけたり、たくさんのことができるようになりました。そういう余裕や、「きちんとした生活」のようなものが仕事の質を上げてくれている気がします。

はじめてのトレーニングを終えた方に「トレーニングはすごく楽しくて90分あっという間でした」と言われたこと。
転職をめざして頑張る女性に「どうしてそんな風にいきいきと仕事ができるんですか?」と言われたこと。
「まいにち、一緒に頑張ってくれる人がいるというのがENGLISH COMPANYの魅力ですね」と言われたこと。

毎日、「ありがとう」と言われながら仕事ができて、いまほんとうに充実しています。

高校卒業後渡米し、5年間のアメリカ生活を経て、UCLAを卒業し帰国。留学中に日本の英語教育の現状や問題点を認識し、今後の発展に携わることを決意。帰国直後から英会話講師としてのキャリアを積む。

高校卒業後渡米し、5年間のアメリカ生活を経て、UCLAを卒業し帰国。留学中に日本の英語教育の現状や問題点を認識し、今後の発展に携わることを決意。帰国直後から英会話講師としてのキャリアを積む。

英語が出来ることで体験できたことを紹介したい

高校を卒業した後、日本の大学ではなく直接アメリカの大学に行くことを目指しました。まわりにはそういう人はあまりいませんでしたが、英語が好きでしたし、外国で学ぶことにもとても興味がありチャレンジしました。

アメリカでの生活もはじめこそ大変でしたが、英語を使って学ぶということのおもしろさや、新しいことだらけのアメリカでの体験の楽しさに、すっかり虜になってしまいました。

次第にこの体験を日本の人、私の周りにいた人にも是非体験してもらいたい、日本に帰ったらそういう仕事が出来たらと思っていました。そのころには英語はかなり得意になっていました。

オープンなチームの雰囲気が好きです

大学での留学サポートの仕事や、大手英会話スクールでの仕事を経て、立ち上げ直後の恵学社ENGLISH COMPANYに入社しました。ここでは、1対1で英語のトレーニングを行っていますが、やはりマンツーマンなのでかなり親身に受講生の方によりそって教えることができることが好きです。

それから、新しい会社なので良い意味でオープンなところ。上司、部下というような関係性と言うよりチームとしていろいろなことをできる環境もとても好きなんです。

もともと、転職サイトでENGLISH COMPANYを見つけてWEBサイトを確認したときに、WEBサイト自体もそうだし、内装についてもそうだけれど魅力的に感じていました。面接に行ってみて世の中のトレンドや「かっこよさ」のようなところにとても敏感な会社だなと思いました。やっぱりそういうところで働くのは楽しいことですよね。ちょっと日本っぽくない感じで。

英語力があるのにそれを発揮できていないと感じている人に来て欲しい

留学をしたり、英語をきちんと学んだりして英語力を身につけても、それを十分に活かせる機会は日本には実はそれほどない気がしています。でも、「3ヶ月で英語力を身につけてもらう」というのは、そういう人にとってもチャレンジしがいのある仕事だと思います。ただ教えるということではないんです。きちんとできるようにしていくということです。

英語プラス “何か” がないと仕事にはならないということはよく言われますが、「英語を身につけてもらう。しかもたった3ヶ月で」というのは、専門的な “何か” になり得ると思うんです。

第二言語習得研究の知見をベースにしたメソッドは、アメリカで5年暮らして大学も卒業して、普通に英語を使えると思っていた私にとっても、すごくおもしろい方法でした。何気なく使っていたことの成り立ちが明確になったり、アメリカでやっとできるようになったことが効率良く身に付いたりするのもおもしろいと感じます。

英語を使いたい、だけどその機会に恵まれないと感じているなら、ENGLISH COMPANYはよい環境だと思います。受講生の方の英語力が伸びて、よろこんでくださるのは私にとってもうれしいことです。それに、自分ががんばってきたことを十分に活かすことができるのは、やっぱりすごくしあわせなことだと思います。