English Companyでは、第二言語習得研究の成果に基づいた合理的な指導法を用いて、TOEICテストで必要とされる能力を効率よく身に着けるトレーニングを行っています。

英語を学ぶ方法について、個人の体験、成功例に基づく方法は多く紹介されています。書店やインターネット上では、諸説入り乱れいったいどれがほんとうに効果があるのか、わからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

English Companyでは、大学等で研究されている言語習得のための科学である、第二言語習得研究をもとに、効果的なメソッドを開発し提供します。

"第二言語習得とは、「第二言語が習得されるのはどういうメカニズムによるのか」を科学的に明らかにする学問です。この場合の第二言語というのは、日本で英語や中国語を習得するような「外国語(foreign language)」の習得も、アメリカで英語を母語としない人が英語を習得するような「第二言語(second language)」の習得も含みます。"
(白井恭弘(2012)英語教師のための第二言語習得論入門 大修館書店)

Reading

大量のインプットが英語習得に不可欠であるということは、第二言語習得の研究者の間では誰しも同意するところです。その際に欠かせないのは、音声によるインプットだと言われています。日本で従来から行われている英語教育は、文法や語彙の暗記など、正確さに過度に偏ったものになっており、実際の英語のインプットが少ないことが問題として挙げられます。

English Companyでは、TOEICのReadingパートで必要とされる、読みのスピードと正確さを向上させるために、音読のトレーニングを効果的な手法で指導します。

リーディングをする際には、文字情報を脳内でいったん音韻符号化し、意味理解につなげていく、というのが通常の処理プロセスであると言われています。そのためリーディングスキルの向上には、音読を用いて、音韻符号化の自動化を促すのが効果的なのです。
(門田修平(2007)シャドーイングと音読の科学

門田修平 (2007) シャドーイングと音読の科学 コスモピア

Listening

英語のリスニングは、多くの日本人が苦手とするところです。どんなに頑張っても、日本の環境ではインプットが圧倒的に足りません。ただ英語をひたすら聞いたり、ネイティブと話したりするだけでは、成果が出るのに膨大な時間がかかってしまいます。

English Companyでは、TOEICのListeningパートで必要とされるリスニングスキルの向上のため、音声学の知見に基づいて発音法や音声変化を明示的に指導し、それらの知識をもとにシャドーイングやディクテーションのトレーニングを行っています。

インプットの不足を補う近道は、明示的に発音のルールを学ぶことです。自分で発音できるようにし、反復トレーニングすることで、聞こえる音を増やしていくことができます。また門田(2007)も、シャドーイングを繰り返すことで、音声知覚自体が自動化され、次第に音声の意味を処理することも容易になっていくと述べています。

Vocabulary

TOEICテストはビジネスに関する単語が多く登場します。そのため、学習をする際にはESP(English for Specific Purpose:特定の目的のための英語)であることを意識して、TOEIC向けの単語を集中的に覚えていく必要があります。

覚える際には、脳の仕組みをうまく活用した記憶法を行います。記憶に関する研究では、エビングハウスの忘却曲線が有名でしょう。間隔を空けて復習を行うことで、忘却の速度をゆるやかにしていくことがポイントです。English Companyでは、適切な間隔で復習を行えるようなテストの仕組みを使って、みなさんの記憶が効率よく定着するサポートをしていきます。

また、リスニングのスコアが半分を占めるTOEICでは、単語の発音も正確に覚えることが不可欠。前述した音読やシャドーイングなどのトレーニングを効果的に行うためにも、発音しながら短い時間で多くの単語に触れる覚え方を指導していきます。

体を鍛えるために、栄養学や医学などの科学的な知識が不可欠なのと同じように、人間が習得し使用する言語についても、科学的なトレーニングは欠かせません。TOEICのスコアを上げるためには、ただ英語を聞き流したり、なんとなく英会話に通い続けたりしているだけでは効果が薄いのです。English Companyでは合理的な方法で、集中的にトレーニングを行うことで、短い時間で大幅なスコアアップを可能にします。