1. TOP
  2. /
  3. COURSE
  4. /
  5. 上級者向け

人を“説得する”ためのビジネス英語インテンシブコース

ビジネス英語とは、相手に自分の意見を伝え、それを受け入れてもらうこと。人を説得できるだけの英語力を身につける、アウトプットコースです。

上級者向けコース

上級者向けコース

ビジネス英語とは、相手に自分の意見を伝え、それを受け入れてもらうこと。人を説得できるだけの英語力を身につける、アウトプットコースです。

コース内容・内訳

  • ・グループトレーニング 120分
  • ・週1回×2ヶ月(全8回)
  • ・IT教材利用費
  • ・教材費
  • ・学習進捗サポート

特徴

FEATURE1

ビジネスシーンでの説得力を身につける

「ビジネス英語を身につけたい」という声を、たくさんの方からいただきます。でも、そもそも「ビジネス英語」とはなんなのでしょうか?ビジネスの現場で使いそうな単語や言い回しを覚えること?ビジネスの場面を模したレッスンで、練習をすること?わたしたちは、それは本質ではないと考えています。

会議でも、商談でも、プレゼンでも、そのゴールは「相手を説得し、こちらの提案を受け入れてもらうこと」です。であれば、ビジネス英語は、相手を説得できるものでなくてはなりません。このコースでは、日本語とは違う頭の使い方、英語らしいロジックの組み立て方、そしてそれを自由に運用するためのトレーニングをご用意しました。

FEATURE2

英語と日本語の説得方法の違いを意識する

日本人は話を同意や共感をベースに進めていくことが多いものです。一方で、英語圏では、説得のために「意見 + 理由」という型を用いるのが基本。根拠を示し、「もっともだ」と相手を納得させることがビジネス英語の第一歩です。

FEATURE3

身につけるべきは、ロジックの「型」

シチュエーション別に英語のフレーズや言い回しをたくさん覚えて、ビジネス英語ができるようになると思ってしまう人はたくさんいます。でも、どれだけフレーズを覚えて、それを羅列しても、それはロジックを持った「相手を説得する英語」にはなりません。ロジックの展開には「型」があります。常に理由を考え、思考を深める習慣を得ること。トレーニングによって型を身体にしみこませること。そうしたことで、「どう話すか」という論理展開の型は自動化します。

このコースは「ビジネス英語」のためのものです、「人を説得する」という、ビジネスコミュニケーションの本質を見定めたトレーニングをお届けします。

講座内容例

内容・日時

講座内容

  • ・ 相手を説得する英語力とは?
  • ・ 日本語圏と英語圏のコミュニケーションの違い
  • ・ 物事をわかりやすく説明するトレーニング
  • ・ 場面描写を通じて説明力を養うトレーニング
  • ・ 複数の理由を瞬時に思いつくトレーニング
  • ・ 理由から議論を深めるトレーニング
  • ・ 難易度の高いテーマに対し、意見と理由を組み立てるトレーニング
  • ・ 想像力を養い、相手のニーズに応えるトレーニング
  • ・ 問題に対する解決策を提示するトレーニング
  • ・ プロセスライティング
  • ・ プレゼンテーション
    (内容は予告なく変更される場合があります。)

対象者

  • ・TOEIC® Listening & Reading Test のスコア800点以上あるいは同等の英語力をお持ちの方
  • ・英語のリスニング・リーディングはある程度できるが、スピーキングやライティングの力でお悩みの方
  • ・ビジネスレベルで英語を使いこなせるようになりたい方

※適正レベルについてご不明点がある方は、ご相談だけでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

学習サポート

  • ・トレーニング内容をまとめたものを週1回配信いたします。
  • ・トレーニング後半ではネイティブ講師がプロセスライティングの添削をいたします。

日時

9/18(水)スタート 有楽町スタジオ
毎週水曜日 10:30-12:30


9/28(土)スタート 有楽町スタジオ
毎週土曜日 10:30-12:30



料金

  • 入会金
    20,000円(税別)
  • 1ヶ月分
    92,500円(税別)

※在籍・既卒の生徒様は入会金無料です。